職業能力開発短期大学校 東京建築カレッジ 高度職業訓練専門課程 居住システム系建築科 募集要項資料請求学校見学
HOME教育システム事業主のみなさんへアクセス
学校案内
授業案内
助成金制度
カレッジから公開講座
リンク
  トップページ 公開講座
 

公開講座

申込書はこちらからもダウンロードできます。

東京建築カレッジ 第21回公開講座案内


木造建築の流行と課題

〜伝統の継承とともに再生&発展させる新たな挑戦を〜


日時:2019年11月3日(日) 12時30分開場 13時00分開会
会場:「けんせつプラザ東京 5階 大会議室」    会場地図はここをクリック
    JR総武線 大久保駅北口より徒歩3分/JR山手線 新大久保駅より徒歩8分

第1部
<基調講演>
■過去に学ぶ これからの木造
◎講師 後藤 治[ごとう おさむ]

工学院大学 総合研究所 教授
工学院大学 理事長

後藤治さんは、本校の教育実践の根幹である、伝統構法と手わざの現代的意義を広く市民に伝え、「技術者の育成を支える教育」の重要性を強調している方です。 「日本政府は、木造に関するトップの技術者たちが後継者を養成していると言っていますが、本当にそうでしょうか。私はむしろ底辺のほうで技術者の育成を支える教育の方が重要だと思っています。金沢職人大学校や富山職藝学院、全国の工業高校に伝統木造コースがあって、文部科学省も認可している学校です。ですから政府は、『日本は伝統木造の職人を若いうちから育てている』ということを、胸を張って世界遺産に推薦すればいいんです。最低単価で頑張っている職人大学校や、学校の研修のプログラムで古民家を勉強したりしている若者たちに光を当ててほしいですね」(『住宅建築』2018年4月号発売記念講演会『伝統構法の過去・現在・未来』から 〔『住宅建築』2018年12月号所収〕)

第2部
<討論>
■木造建築の第一線から見つめる未来(仮)

第一線の大工、設計、工務店経営者、研究者が本音で語りあいます。
東京建築カレッジの関係者の主張や悩みがリアルに伝わります。
会場とのクロストークも行ないます。

◆主  催  職業能力開発短期大学校 東京建築カレッジ
       職業訓練法人 東京土建技術研修センター
◆定  員  150人 ※定員になり次第締め切らせていただきます
◆参 加 費  無料
※ 参加申し込みは「申込書」にて事前にお願いします。

※中学生以上の学生、学校関係者、建設関連従事者、行政関係者、一般消費者、どなたでも参加できます。
ふるってご参加ください。


第21回 公開講座案内|2018年度 ミニ公開講座案内第20回 公開講座案内2017年度 ミニ公開講座案内
第19回 公開講座案内第18回 公開講座案内第17回 公開講座案内第16回 公開講座案内
第15回 公開講座案内第14回 公開講座案内第13回 公開講座案内

 
東京建築カレッジ
〒170-0014 東京都豊島区池袋1-8-6 Tel:03-5950-1771 Fax:03-5950-1774