職業能力開発短期大学校 東京建築カレッジ 高度職業訓練専門課程 居住システム系建築科 募集要項資料請求学校見学
HOME教育システム事業主のみなさんへアクセス

学校案内
授業案内

助成金制度
カレッジから
公開講座
リンク

  トップページ 【授業案内】 調査研究
 

飯能秩父宿泊研修・林業実習

 建築の仕事に携わるうえで、木は重要な材料のひとつです。木を深く知り、その良さを生かす仕事ができるということが、カレッジのめざす建築のスペシャリストの不可欠な資質と考えています。
 埼玉県南西部の飯能地域は、江戸時代から西の川から流れ来る「西川材」の産地です。川上(生産者)から川下(消費者)まで、木がどのように育てられ流通しているかを体験学習するために、飯能の林業地で研修を実施します。
 林業家の方から話を聞き、実際に山に入って下草刈りを体験します。製材所、プレカット工場を見学するほか、地元の木材を生かした仕事をしている棟梁の現場を訪ねます。



PHOTO

 飯能の山で林業家の方から話を聞きます。



PHOTO

 プレカット工場見学。
 研修生は加工のスピードに驚き、昔ながらの手刻みをどのように活用していくべきか考えます。




PHOTO

 地域の棟梁の現場を訪ねて。カレッジの卒業生が働くこの工務店では、見学に合わせて井桁組構造の仮組みをおこなってくれました。



PHOTO

 秩父の古建築を再生させた松本教室。現在は学習塾として活用されています。




奈良宿泊研修

 二年生の秋に実施する奈良宿泊研修は、総合学習の機会として二年間のうちでも大きな重点になっています。
 木造建築文化の宝庫・奈良で、法隆寺、唐招提寺、元興寺など千年以上前に建立された木造建築や、その解体修理・保存工事の現場を見学し、古代の工人の優れた技術に触れます。今井町では、中世の町並みが保存され、現在も使われている町家民家の建築群、まちづくりを学びます。薬師寺、平城宮跡の復元現場では、工事に携わった方から話を聞きます。研修生の中には、薬師寺の棟梁・西岡常一さんの生家を訪ね焼香してきた人もいるなど、それぞれにテーマ・問題意識を持って、十分に準備して臨みます。



PHOTO

 薬師寺の工事現場で、槍鉋の使い方の説明を受けます。



PHOTO

 研修生も槍鉋に挑戦。うまく削れたでしょうか。




PHOTO

 保存修理工事中の森村家住宅。




PHOTO

 奈良建築高等職業訓練校の好意で、大和造りの現場を案内していただきました。




PHOTO

 訪問した奈良建築高等職業訓練校で、道具展示に見入る研修生。




PHOTO

 唐招提寺の解体修理現場で。屋根から下ろされた天平の鴟尾(しび)の説明を聞きます。




PHOTO

 奈良研修の最後に訪れる復元された朱雀門。雨上がりの虹がかかっていました。

 
東京建築カレッジ
〒170-0014 東京都豊島区池袋1-8-6 Tel: 03-5950-1771 Fax: 03-5950-1774